体調不良の原因と解消法

HOME >>  体調不良 > 頭痛の種類と症状

頭痛の種類と症状

頭痛と一口に言っても色々な症状があります。いわゆる頭痛持ちの人のように、定期的に頭痛がやってくる場合もあれば、突然襲ってくる、吐き気や手足のしびれを伴うような激しい頭痛も。
前者のような定期的にくる頭痛は「一次性頭痛」と言われ、主に「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発性頭痛」という3種類に分けられています。

緊張型頭痛は、一次性頭痛の中でも最も多い症状で、精神的・肉体的ストレスが元で血流が悪くなり、肩や首、頭の筋肉が緊張することが原因です。後頭部を中心に頭全体が重く締め付けられるように痛くなります。

片頭痛は、目からこめかみのあたりにかけて、ズキンズキンと脈を打つように傷みます。痛みは間欠的に起こり、それが数時間〜3日程度続くことも。また、頭痛の前に目の前がチカチカしたり、光や音に過敏になる場合もあります。

片頭痛のはっきりとした原因はまだ分かっていませんが、生活習慣や姿勢などによる神経圧迫、頭部の血管が炎症を起こしているものと見られています。

群発性頭痛は、1〜2年に一度程度、数週間異常もの間、集中して頭痛が続くものです。こめかみや目の奥がえぐられるような激痛で、目の充血や涙、鼻水を伴うことがあります。また、アルコールが引き金になるという指摘もあります。
こちらも明確な原因は明らかになっていません。何らかの原因で目の裏側にある血管が炎症をおこしている可能性があると言われています。

上記のような一次性頭痛とは違い、突然これまでにないような激しい頭痛に襲われたり、痛みがだんだん強くなるような頭痛は「二次性頭痛」と呼ばれ、命の危険を伴う場合があります。
二次性頭痛の場合は、くも膜下出血や脳出血、髄膜炎などの感染症、脳腫瘍など重大な病気を発症していることが考えられます。
手足のしびれやけいれん、おう吐などがある場合は、手遅れになる前にすぐに病院へ行きましょう。