体調不良の原因と解消法

HOME >>  体調不良 > 腰痛と体調不良の関係性と解消法

腰痛と体調不良の関係性と解消法

誰もが急に発症する可能性がある疾患が腰痛です。これは疲れが溜まって何となくむずむずするという軽度のものから、ぎっくり腰の様に全く動けなくなるような重度の腰痛まで様々です。軽度か重度かで対処法が変わってくる上に、正しく対処しなければ今後の健康状態に大きく関わります。

体調不良というのは人によって起こるタイミングや程度は違います。ぎっくり腰は一度起こしてしまうと、完治は非常に難しく今後の生活に支障をきたします。体調不良のときは体がしんどかったり軽い頭痛がしたりと、会社や学校を休むほどではない症状の時もあります。そんな時は腰痛が原因で体調不良が起こっている可能性が高いです。

腰痛の仕組みは筋肉によって神経が締め付けられることで痛みや痺れが引き起こされます。つまり神経だけではなく血管も締め付けられるので、それだけ血の巡りが悪くなります。血の巡りが悪いということは、脳や全身に血液が回らないので身体にむくみが生じてしんどくなります。

一度ぎっくり腰をしてしまうと、こういった体調不良は慢性的に起こるので緩和する為にしっかり対策を講じることが大切です。血の巡りが悪いことが原因であれば、血の巡りを良くすればいいので、マッサージをしたり熱い風呂に入ることで解消出来ます。

風呂の温度は42℃程度の熱いと感じる温度に3分間浸かることが重要です。半身浴やぬるめのお湯に浸かる場合は30分程度かけて体中をマッサージしながら、徐々にむくみを解消します。特に冬場は影響が出やすいので、風呂上りはすぐに体を拭いて服を着て身体を冷やさないことが大切です。

雨の日は気圧が上がる為に神経に負担がかかり、晴天の時よりも身体がしんどくなるので尚さら朝風呂などで解消することが大切です。