体調不良の原因と解消法

多くの不調とたたかう日々

以前から貧血気味で立ちくらみはいつもあり、血流が悪いのか肩こりもひどい状態でした。それでも若い頃は何とか乗りきっていたのですが、出産後は症状がさらに悪化してしまいました。

解消する為の時間もとれず、辛い身体のまま日々を過していました。そんな状態でパートに出なくてはいけない状況になり、身体を引きずるように仕事に行く毎日を繰り返していたところ、とうとう体調を崩してしまいました。

祖母を亡くしたことも重なり、今までの疲労とストレスが爆発してしまったようです。突然ぐるぐるとした目眩が襲い、座っていることも横になることもできなくなりました。同時にひどい吐き気でもどしてしまい、トイレに入ったまま動けなくなりました。

それから、激しい動悸と呼吸困難になり意識はもうろうとしました。すぐに病院に駆け込んだのですが、原因がわからずあちこちの病院に行っては検査の毎日になりました。その間も身体中の関節が痛くなったり、不眠、耳鳴りと不調はどんどん増えていき、気持ちも落ち込んで行きました。

結局、甲状腺に疾患があることがわかりましたが、不調の直接的な原因ではないようで、病院からは安定剤を出されただけでした。薬を飲み続けることに抵抗があったので、自分で少しでも身体を楽にしていこうと色々と対策をしていきました。

ストレスが何より悪いとは思いますが、子どもの事や家庭の事情を考えるとなくすのは難しいので、溜めこまないようにはしています。

また、食事は和食中心で3食しっかり摂り、カフェインは目眩や動悸に良くないようなので控えています。入浴も毎日湯船に浸かり、全身の血流をよくして肩こり解消に努めています。日々、本や雑誌などをチェックし、少しでも不調が改善されるように努力しています。